Dr.kazueは、なぜ笑医塾を始めたのか!?

Dr.Kazueは1977年から10年間、クウェートの国立Ibn-Sina(イブン・シナ)小児外科専門病院の
部長として勤務しました。
7万人の小児の手術と術後管理を通して見えてきたことがあります。
クェートの患者さんは、日本に比べて治癒力が高いということです。

  • 患者さんが自然に笑っている
  • 医師・スタッフも笑っている

お国柄、病気に対してネガティブでなく、自分は生きて当たり前だという生命に対する絶対的な確信があるのです。

「患者さんは笑うと治りが早い」
そう気付いたDr.Kazueは帰国後、笑いの研究を始めました。

  • 笑いで免疫力が高まった
  • 笑いで疾患がいつの間にか良くなった
  • 笑いで、いじめ、自殺、虐待が減った
  • 笑って、前向きな人は、人生がうまく回った

など数々の実績をあげました。

「健康な人が日常的に笑うと、人生が格段に良くなる」
と確信し、2009年笑医塾をスタートさせました

笑医塾のスタートはここから『笑医コミュニケータ講座』

笑医塾のスタートはここから『笑医コミュニケータ講座』
新生 笑医塾は18シリーズから当分の間リモート研修を行います。
1シリーズ1日で1講座にします。4回(4か月間)で18シリーズ終了です。
第18シリーズ Ⅰ.自分の本質を知る
―ありのままの自分を知る 丸ごとの自分を知り、自分の素晴らしさを知る
令和 2年 11月7日(土曜日)
時間:10時半~15時(9時半集合)
第18シリーズ Ⅱ.自己効力感
-自分に自信ができて、一歩先に踏み出せる スキルもわかる
令和 2年 12月13日(日曜日)
時間:10時半~15時(9時半集合)
第18シリーズ Ⅲ.他人に伝える喜びを知る
―存在価値を高め、人から求められていることを知る
令和 3年 2月 7日(日曜日)
時間:10時半~15時(10時集合)
第18シリーズ Ⅳ.他人に伝えて喜んでもらう歓びを知る
-自分らしさ=本当の意味での魂の自由を得る
令和 3年 3月14日(日曜日)
時間:10時半~15時(10時集合)
参加方法:

笑医コミュニケータ認定講座参加申込書】(PDFファイル:90KB)にご記入のうえ、
e-mail:address(info@waraijuku.com)又はファックス(043-424-0834)
または郵送:(〒211-0004 川崎市中原区新丸子東3-1100-12 M4311)でお送りください。
参加申し込み確認後、参加受付のお知らせをお送りします。

※参考図書:『びっくりするほど健康になる笑医力』(徳間書店)
参加費: 笑医塾の研修ももっとその輪を広げていきたいと考え研修方式を変更しました。
研修会への参加費用を見直し、新しい形の塾を開催していきたいと思います。
研修費用を消費税込で3,000円/回とします。4回お申し込みの場合は10,000円とします。
順調に育ちインストラクターとしての教育も受けた塾生も積極的に参加します。
気軽に、塾にご参加ください。もっともっと多くの方に笑医を体験し元気になっていただきたいと思います。
振込先: (株)癒しと健康研究所 みずほ銀行 神田支店 普通 1188323
※研修参加はファックスとe-mailでお早めにお申し込みください。研修費は研修の1週間前までにお振り込みお願いします。
入金後キャンセルは返金できませんので、次回、ご参加ください。

>>『笑医コミュニケータ認定講座』過去歴

笑医塾のシステム

※笑医コミュニケータ講座を再受講していくことも、次のステップに行って自分を磨いて行くことも可能です。
※詳細はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

笑医塾のシステム

※笑医コミュニケータ講座を再受講していくことも、次のステップに行って自分を磨いて行くことも可能です。
※詳細はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

-->